トップ ファシリテーション プロフィール 業務内容 会社概要 関連リンク

受講生の感想

下記は講師サイトに掲載されている感想です。 講座受講者の感想はこちら 感想3 感想2 感想1
2006/11/15 60代女性  ★★★★★
平成18年11月8日、ホテル華夕美(女川)において、石巻市牡鹿稲井商工会と女川町商工会の女性部員の研修会がありました。
内容は「女性が主役の地域活性化とは」と題し講演いただきました。受講者総勢42名、50代〜70代の女性が対象でした。

 20世紀は男の経済=競争の時代、21世紀は女の経済=共存の時代ということ、三人よれば一人でできなかったことができるようになる、意識ではなく意志気、などなどたくさんの為になるお話しをききました。今までは地域のことは誰かが考えてやるだろうと思っていたが、違っていました。 国とか県・町等大きさに関係ないということ、まずは家族・近所・地域の関わりから、変えるとおのずと活性してくるということです。まだまだ書き足りなくて悔しいですが、他にいろいろなお話を伺い、とても勉強になりました。
受講した女性部員も熱心にメモをとり、これは是非男性にも聞かせなくちゃと感じたところです。特にうちの旦那と息子たちには!!

 午後昼食とりながら、事務局の進行により部員の一言タイムを設けたところ、講演会の内容は皆良かったと言っていましたが、特にアトピーに関しての質問が多かったのは驚きました。
大塚先生ご自身もアトピーに悩んでいたということで、部員からの
質問に真剣に答えて頂いたのは、またまた感動しました。
次回は、環境に関する講演会も聞きたいと思いました。
遠いところ来ていただきありがとうございました。
60代女性、孫の独り立ちが心配のおばあさんです。
2006/10/31 30代女性 兼業主婦  ★★★★★
【開催日】 平成18年10月28日(土)・29日(日)
【会  場】 横手ステーションホテル 1F
【テーマ】 〜あなたの脳力、実はこんなに引き出せるんです!〜
       「アイデアをカタチにする起業力アップ実践講座」

土曜日曜の半日ずつを利用してのセミナーでした。
聞くだけ、書き留めるだけのセミナーと違い、体を使い、脳を使っての
セミナーには、説得力があり、また実感できるものがありました。

『 出来ないことはない、「出来ない」のは「やらない」からだ 』

初日から、体に脳に、叩き込まれました。

3分間で企画を考え、1分間でプレゼンテーションする!
出来ると思いますか?たいていの人は、やる前から「無理」と
判断してしまうのではないでしょうか?
「無理」と思ってしまえば、出来ないですよね?
やれば出来るのです。セミナーに参加した全員が身を持って体験しています。

参加者の多くは、初対面でした。
一瞬にして、緊張を解きほぐす、その手法には感服してしまいました。
身を持って体験した今回のセミナーは、決しては忘れることはないでしょう。

『 やれば、出来る 』
自分に秘めた可能性に期待し、自信が持てるようになった二日間でした。

2006/10/31 40代男性  ★★★★★

講座名 「アイデアをカタチにする起業力アップ実践講座」
    〜あなたの脳力、実はこんなに引き出せるんです!〜
日程   10月28日、29日 計7時間
年齢層  20代〜80代

感想
 まず、アイスブレイクの手法を用い、緊張している参加者の固さを解きほぐし、場をほんわかとさせ大塚ワールドへ引き込まれてしまったことに感心しました。

 その後の講座の進め方も、ともすれば敷居が高くなってしまう起業というテーマについて、幅広い年齢層の方がそれぞれの想いやそれぞれのレベルで講座についていける、とても理解しやすい内容でした。
自分の脳の癖を知り、その癖によって起業タイプがあること、自分に不足しているものを知り、それを補うブレーンを作ること、人が集まると人数以上の成果が現れることなど、どれもこれも新鮮で楽しく受講することができました。
今回が初級だとすれば、中級、上級と受講したい、そんなふうに思わせてくれる講座でした。

2006/10/31 50代女性  ★★★★★
 平成18年10月25日 宮城県東松島市コミュニティセンターに於いて、「協働のまちづくり〜目標に向かい男女ともにつくる明日のために」〜支えあう我がまち〜 と題し講演をききました。

 静かな語り口であるけど、その情熱は熱く、しっりしたポリシーがある方だと思いました。
環境やエコについては相当の知識があり、次回機会があったら是非その分野についても伺いたいと思いました。

 今回は男女協働まちづくり、ということでしたが、特に印象に残ったのは、男女の区別はしても差別はしてならない! という言葉です。 とかく男女平等とか、雇用機会均等法なるものがあるが、生来男女は違う性である、ということ。やはり女にしかできないこと、又男にしかできないことの区別はあって当然!と私も思いました。そして女だからと差別をしてはいけないと同感です。でも彼女はジェンダーではないと思いました、だから私は共感しました。
 男女・老若それぞれに合ったもので、お互いを支え尊重しあう、ことだと実感しました。

 大塚様 これからも大いに頑張って下さい。
 私も同年代、陰ながら、いえ日向にも応援します。
 私は50代女性、活き生きに少々疲れ気味でしたが、元気をもらいました。 ありがとうございました。
2006/07/30 40代女性  ★★★★★
講座名 ファシリテーション実践講座、6月24日(仙台)、7月15日(仙台)
     ファシリテーター養成講座、7月29日(仙台)
参加計3回
感想
 個人個人に的確で鋭いアドバイスがあり、自分の中にストンと落ちる、気持ちのいい講座でした。
意識していなかったファシリテーションが講師やまとめ役だけでなく、どんな場面でも活かせると思えるようになりました。
初心者講師として参加した私は、先生のファシリテーターぶりは講座のたびにひとつひとつ参考になりました。

養成講座は1日が短く感じるほど充実した内容で、個人レッスンにも匹敵するほどの確かな手ごたえがあります。
終わったあとの受講生全員の顔に満足感があったと感じたのは私だけではないと思います。
それほど一人一人を大切にしてくれる講師に感謝します。
2006/07/04 30代男性  ★★★★★
コンサルティング業、講師業で開業している30代男性です。
5月20日、6月17日に東京で大塚さんのファシリテーション講座を
受講させていただきました。

これまでセミナーで話す機会が何度かあったのですが、どれだけ
自分自身の受講生に対する意識が低かったかということを改めて
思い知らされました。

「受講生の成長へのコミット」「雰囲気づくり」など、具体的な
コミュニケーションを通して、セミナーを運営するノウハウである
ファシリテーションを体得することができました。

まさに目からウロコが落ちる講座でした!
今後とも、定期的に受講していきたいと考えております。

2006/07/03 30代・女性・公務員  ★★★★★
○講座名
(1)ファシリテーション基礎講座(平成18年2、3月。ファシリテーションとはどういうものかについて、楽しく学びました。)
(2)ファシリテーション中級講座(平成18年4、5月。ファシリテーターとして必要なスキルについて、理論と実践を学びました。)
(3)ファシリテーター養成講座(平成18年6月。ファシリテーターとしてどうすべきかについて、実践を学びました。課題選定、実践、フォローアップの一連の過程において、大塚先生の指導・助言がありました。)

○感想
 大塚先生の講座は、体で分かる講座です。自分の感じ方・考え方、コミュニケーションの悪いクセに気づかせてくれ、実際にどうすれば良いのかを理解し、行動できるようにしてくれます。

 そして、大塚先生がまさにファシリテーターなので、講座の雰囲気づくり、指導方法を間近で見ることで、到達目標が理解できます。(私の場合はまだまだ遠い道のりですが。)

 1回だけの受講でもためになると思います。しかし、繰り返し参加すれば、スパイラル効果があります!
 特に、左脳系の方は、頭の中がダイナミックに組み替えられることになると思います。ビジネス書からは学ぶことのできない技が身につくことを保証いたします。

2006/07/01 30代 女性  ★★★★★
◎2006年2月3月のファシリテーション基礎講座
 ファシリテーションとは何なのかを教えてもらうのではなく、ゲームを交えながら楽しく自分たちの力で理解していきます。学んだことを実践すると周りや自分の姿勢が変化するのを感じます。年齢、性別、職業もバラバラな参加者が終了するころにはチームとしての連帯感が生まれます。これは大塚先生の力ならではと思います。チャーミングで笑顔がとっても素敵です。

◎2006年6月のファシリテーター養成講座
 各自の目標のファシリテーターを10分間実際に体験します。頭で考えているのと実際やってみるのは大違いで、自分の今のレベルがわかります。他の人の発表のよいところはもちろん悪いところや先生の講評も全て自分の学びになります。朝から1日と長い講座なのですが、楽しく集中しているせいか時間をまったく感じません。
2006/06/29 地方公務員、47歳、男性  ★★★★★

内容ファシリテーション中級講座
月日・場所  1回目 平成18年4月8日仙台メディアテーク 2回目22日 3回目5月13日 4回目27日
よかった点・発音が明瞭で、内容も非常にわかりやすい。・事前に参加者が講座に望むことをリサーチして、各参加者に照準に合わせた講座内容にするので、参加の満足度が高い。
・ファシリテーションの理論(特に、ハーマンモデルの理論の説明は面白く、ためになる!)と実践を面白く学ばせてくれる。


内容:ファシリテーター養成講座
月日・場所平成18年6月10日
よかった点/事前のリサーチがしっかりしている。講座に望むことについて、連絡しないでいると、催促してくる。参加者の希望に合わせて、各参加者のレベルアップを真剣に考えていることが伝わってきた。各参加者が、各人のテーマに従って、ファシリテーター役を行い、大塚講師からの批評と参加者からの感想をもらった。大塚講師の批評は、適切で、目からうろこの指摘の連続。他の参加者の感想も参考になったし、その感想に対する講師のコメントがまた、よかった。以上のレビューを記入した私は、地方公務員、47歳、男性、です。    

2006/06/28 宮城県 農業改良指導員  ★★★★★
講演実施日:2006年1月30日,会場:ハナトピア岩沼(宮城県岩沼市)
テーマ:活かそう脳力!伸ばそう農力!!
目的:農村の男女共同参画社会づくりに向け,女性農業者のリーダーを育成する(講座の最終回)
対象:女性農業者20名

内容:セミナー形式。誰でも一人一人脳の癖(発想や情報の受け取り方)の違いがあること。コミュニケーションにより,それら「他人の脳」を活用し,一人の考えでは思いつかないような問題解決策が得られることなどを,パズルやゲームを通じて,体験した。

受講者の感想:
○ゲームでは,普段話さない人と協力しました。人が,自分の思いもよらないアイディアを出す事に驚きました。自分一人の考えであきらめるのは早い。余所の地区の人ともっと出会って,協力を求める事は,町の農業活性化に女性が参加するために必要だと実感しました。

○おしゃべりはいくらでもできるのに,人前で話すことは苦手です。「自分にとって当たり前でも,他の方は御存じないかも」という意識を持つと良いのかもしれません。今日から暮らしの中で練習を心がけようと思いました。

 いつも家庭や集落で,実力を発揮している女性農業者の皆さんですが,農村の開発や政策の決定の場への参画は,まだまだ不足しており,農業にとっての損失とも感じていました。しかし,家庭や地域社会の慣習や環境を変えるしか事態を改善する方法はないのか・・・と,私自身が壁にぶつかっていました。

 大塚先生の講演をいただき,自分で作った囲いを取り除くことも大切だと悟りました。そして,「自分のおかれた環境を変えることは,自分にしかできない。」という秘められたメッセージを,参加した皆さんとともに受け取りました。

2006/06/28 50才 会社員  男性  ★★★★★
 アエルのハーマンモデルの基礎講座から始まって、メディアテークのファシリテーション基礎、中級、実践の各コースを受講してきました。とにかく時間があっという間に過ぎていくというのがどの講座にも共通して言えることです。受講生も我々のようなサラリーマンから自営業、公務員、主婦、OL、そして小学生と幅広く、女性が多いこともこのセミナーの特徴でしょうか。

 通称マジカルマミ−こと大塚先生はセミナーに入る前のアイスブレークが見事。能をうまく活性化してくれます。講義は聴くというスタイルではなく、自分達で創り上げていくことが求められます。キラッと光るディレクションが要所要所にだされて、我々アクターは様々に踊ります。できないことに挑戦すること、そして失敗することが良しとされ、今までに経験できなかったシチュエーションの中で自分自身を発見できる、そんなセミナーでした。様々な講演、セミナーに参加してきましたが、自信を持って言えます。これが私のイチオシです。

 

▲ぺージトップへ